piki-piki紹介

メール



ふるさと納税

(下の画像をクリックしてください) 

ウインドゥ・アート

高齢者にもできる
ステンドグラス風の手工芸




塗り絵



ご自由にダウンロードして
お使い下さい



介護施設向け 

介護施設でもできる
ここにしかない手工芸です



プランティング  フラワー

今までになかった
新しいフラワーアートです





新しいビーズ細工

視力に自信がなくなった方に
オススメのビーズ細工



介護用品

杖の立て掛け具。
5段階足のせ台。




塗り絵


追加の塗り絵




以下もリンクです。

ティッシュボックス、チラシゴミ箱カバーの作り方
リハビリチュウの作り方
プランティングフラワーの新作品紹介


老眼鏡のお世話にならないと、細かい作業が難しくなってきた。
何でも器用にこなしてきた手に痛みが出て、思うように手を動かせなくなった。
記憶力が落ちて来て、名前が思い出せないことがある。

そんな体力、脳力に自信が揺らぐお年頃の方々に
オススメの手工芸をご紹介しています。


piki-pikiが目指す手工芸は  

 楽しいこと
  ☆できばえは大切!

   ☆手先と頭を使うことで脳を刺激!
    ☆身体への負担が少ないこと!
     ☆お金がかからないこと!


 piki-pikiのオリジナル手芸の原点は、”要介護の人にもできる手工芸”です。
脳トレや手指機能の低下防止、意欲向上のためにどんなことができるのかを研究してきました。
 作るプロセスを楽しむことはもちろん大切ですが、完成したものを飾って、皆さんにみてもらうことも喜びです。
そして、、さらに、その作品が誰かの役に立つものだったら、もっとうれしいはずです。
 介護施設には、「こんなものがあるといいな」「こんなものが役に立つなあ」というものがいろいろあります。そんな物を”要介護者の人に作ってもらう”・・・
いいアイデアだと思いませんか?
 手工芸を通して誰かの役に立つ、そして自分自身も生き生きとした日々が送れる・・・・・それがpiki-piki の考える高齢者手芸です。


 私が高齢者手芸を始めたわけ        

 10年前、漫画を描く傍ら、老人介護施設で働き始めた私が、お年寄りの手工芸を目にした時感じたことは、”お年寄りに幼稚園でやるようなことをさせている”ということでした。
 高度なことができない方も、もちろんいますが、もっと質の高い満足のいく手工芸をしたいと思っている方が多くいることも分かりました。
 そこで私は、高齢者に喜ばれる手工芸、介護施設でやれる手工芸を研究、考案してまいりました。最近は、介護施設のみではなく、もっと枠を広げ、”中高年のための手工芸”ということで、身体にやさしく、脳トレにもなる手工芸を研究しています。

 また、使い捨てられる包装材などを見直し、もう一度利用することに努めています。
”リサイクル”、”もったいないという気持ち”はともすれば忘れがちです。
私の手工芸が、そんな気持ちを思い出す一助になれば幸いです。




TV・雑誌等での紹介
 ☆平成14年 プランティングフラワーがNHK新潟放送で紹介される
 ☆平成15年 プランティングフラワーが民放NT21で紹介される
 ☆平成16年 プランティングフラワーがNHK新潟放送で紹介される
 ☆平成20年 プランティングフラワーがブティック社の『暮らしの紙遊び』で紹介される
 ☆平成20年4/21 プランティングフラワーなどディサービスでの取り組みを
          オークラ出版『ホームヘルプ』で紹介される





出張講習に伺います


 倉敷のディサービスにて講習しました
      (2008年 3月26日)




幸手市のサロンにて



         川口市のディサービスにて



      サークルを立ち上げました



横浜にて講習


母の日が近いので、カーネーションのバスケットを作りました。
今月の教室の課題、『おしゃれ工房』への応募も今月はこれにしときましょう♪